水回りに多いトラブルの一つに「トイレ詰まり」があります。下水道のトラブルは水回りのトラブルの中でも非常に困るものです。できれば遭遇したくないですね。しかし、意外と多いこのトイレ詰まりはいつ出くわしてもおかしくありませんので、対処法を知って心構えしておくに越したことはありません。

■トイレが詰まる前兆と原因
トイレが詰まる原因の多くは「異物」によるものです。水溶性でないものをトイレに流してしまい、それが詰まることで起こります。例えば、ティッシュペーパー、生理用品、紙おむつなどです。しかし、水溶性であるトイレットペーパーであっても大量に流してしまうことで詰まりの原因になることもあります。

急激に詰まることもありますが、その前兆としてトイレの水位が上がるなどという現象がみられることもありますので、もしその様子があるようであれば何かが詰まりかけている証拠なので気を付けましょう。

■異物が詰まりやすい箇所
トイレには詰まりやすい箇所があります。トイレには臭いや虫の侵入などを防ぐために元々水が溜まっている部分があるはずです。この水が溜まっている場所を越えた先に「せき」という急激に曲がっている場所があり、この部分が最も詰まりやすいところです。

さらに奥にも排水口に近い部分に水が溜まっているところがあり、ここも詰まりを起こしやすい箇所になります。

■自分でトイレの詰まりを除去する
気を付けていたものの、実際に詰まってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか。まずは詰まり解消のグッズを使って自分で解決できるかどうか試みましょう。一般的な方法はラバーカップ(スッポン)を使用する方法です。汚水飛び散りを防ぐためにビニールシートの真ん中に穴をあけて作業するように準備をし、ゆっくり排水口に向かって押して一気に引き抜きます。

するとたいていの場合、詰まっていたものが便器内に戻ってきて水が流れ始めるはずです。この現象が見られれば詰まりは解消ということになります。あとはバケツ等を使って本当に水がきちんと流れるか確認しておきましょう。また、詰まっていると感じた時でもある程度の時間を置くと詰まりが解消する場合もあります。

少し時間をおいて様子を見るということも必要です。

■業者に依頼して詰まりを除去する
ラバーカップを使っても詰まりが解消されない場合は、業者に解決を依頼するようにしましょう。あまり無理に自分で解決しようとしても上手くいかず状況が悪化してしまうこともあります。業者に依頼した場合は、高圧洗浄機やトイレの便座を外して治してもらえると思います。

トイレ詰まりはよくある困り事!水回りのトラブルは業者に頼むのが得策

これらの行為は汚水処理が面倒ですし、自分で行うのは不可能ですのでプロに依頼しましょう。

■トイレの詰まりを予防する方法
解決の方法はわかりましたが、そもそもトイレが詰まらないに越したことはありません。予防方法としては、「大」「小」のレバーを使い分けることが大切です。当たり前のようですが、水の節約のつもりでついつい「小」レバーを多用してしまうことがあります。

排泄物を流すにはそれなりの水の勢いが必要です。節約を意識しすぎず適切にレバーを使用しましょう。あとは、トイレットペーパー以外のものを流さないことです。トイレットペーパーがないときに、ついついティッシュペーパーを使ってしまいがちですが、ティッシュペーパーは水に溶けにくい性質を持っていますので決して流してはいけません。

しかし、予防をしていてもどうしても詰まってしまった場合には最終手段は業者です。あまり自分で頑張りすぎないようにしましょう。